結婚式場選びのポイント

結婚をするとき、結婚式場選びは大変重要な問題です。とはいっても、「どこどこの式場が良くて、どこどこの式場が悪い」という事はありません。どの式場も「良さ、特長」があります。重要なのは、そこが「あなたのイメージに合っているのか?」という事だと思います。実は、ほとんどの方が「アットホームな式にしたい」と思っていることが多いのですが、アットホームと一言でいってもそれぞれがイメージするアットホームはまったく違うものです。例えば「高砂も設けずに、新郎新婦も自由にゲスト達と触れ合って和やかな雰囲気にしたい」と考えているのならば、それは大きなホテルよりも、レストランウェディングや料亭などの方が向いていると考えられますし、例えばあなたが「派手なサプライズ演出を入れてみんなをビックリさせたり、わいわいとにぎやかに進めたい」と考えるのなら、設備が整って演出効果が期待できるホテルや専門式場の方が向いているということになるのです。レストランウエディングならゲストも新郎新婦のビデオを沢山撮ることができます。ゲストの目線からみた結婚式や会社紹介のビデオ制作を見せてあげると喜ばれるかもしれません。ビデオはゲストの思い出にも残りますよね。


 

また、同じ人数、同じようなゲスト層であっても、式場の設備や雰囲気によって、披露宴自体の雰囲気、印象も変わってきます。興味深い事にゲストも、会場によって緊張度などが違ってきます。例えば、豪華なホテルだと、ゲストも緊張しますので、『格調高い品位のある披露宴になりやすい』という利点がありますが、逆にゲストや自分たちを緊張させてしまい『固くなりやすい』という弱点もあります。また、雰囲気だけで決めてしまうのは禁物です、まず会場の広さですが広すぎて「人数と広さが合っていない」と思う事が時々ありますし、逆に、狭すぎると新郎新婦が見えにくかったり、トイレに行くのも大変になってしまったり、当然、お料理を運ぶスタッフも歩きにくい為に、サービスが上手くいかないといった問題も出てきます。また、広すぎると、ガラーンとして寂しい感じになってしまいますので、式場側が「○人までOK」と言ったから大丈夫だろうと安心せずに、できれば実際にテーブルを配置している状態を見せてもらったり、どの辺りまでテーブルが来るのかを確認してみるのがよいと思います。次に式場の形ですが、レストランなどに多い、会場がL字型であったり、真ん中に大きな柱があったりする会場では、新郎新婦が見にくいお席ができてしまったり、不可能な演出が出てきたりします。どうしてもやりたい事などがある場合は、その演出が可能かどうかもチェックしておきましょう。そして設備のチェックも忘れずにしたいところです。お手洗いの場所や数、控え室などの有無、雨の場合はどうなるのかなど、特に結婚式が専門でない所などは、細かいチェックが必要となります。

 

ウエディングドレスは決まりましたが?レンタルにするか販売で購入するかもデザイン・サイズに並んで悩める点だと思います。ウエディングドレスのレンタルショップに足を運んで、ウエディングドレスの試着をさせてもらいましょう。レンタルのウエディングドレスから気に入ったものがあれば購入することが可能なショップもあるそうです。

 

例えばホテルと一言でいっても、一日に十数組こなすホテルから一日に一~二組というホテルまで様々な種類があります。どちらにしましてもホテルの場合には、日ごろから披露宴以外のパーティも受けつけていますし、経験数が多いですからスタッフの動きもスムーズで、よく動いてくれることが多く、時間もちゃんと計算しててくれたりとサービス面では言うことなしです。ロビーも広いですし、控え室も宿泊設備も整っていいます。また、色々なゲストに幅広く対応できますし、一つの建物に全てが揃っているため天気の心配もなくなります。デメリットとしては、すぐ隣に別の花嫁さんがいたり、隣の会場に気を使ったりプランが決まっているために、予定の変更がしづらいという面が挙げられます。しかし、ワンフロアに一組のみ‘など他のお客様に気兼ねなくパーティができるホテルもありますし、アットホームな雰囲気のホテル、ゴージャスなホテルなど探せば色々なサービスを提供しているホテルがあると思います。ブーケの花や式場の装飾していた花などを来場者へプリザーブドフラワーギフトとして渡すサービスがあるところも在れば、ゴンドラなど会場演出に長けている設備管理がばっちりなところもあります。

check

渋谷区の高級賃貸マンション情報

渋谷の賃貸を調べる